HOME>アーカイブ>不動産会社の説明で大切なことや住宅の取得方法について
家族

不動産会社の説明を聞くうえで重要なこと

大阪狭山市で一戸建てを建てようとするとき、建売住宅であれ注文住宅であれ、気に入った物件が見つかったら、まず不動産会社や住宅販売会社へ説明を聞きに行きます。不動産会社などに行く前に気をつけておくことは、どの会社でもその物件の良いところしか説明しないということを念頭に置いておくことです。つまり物件の良し悪しを見極めるためには、業者の美辞麗句に惑わされないことが大切です。惑わされないためには、自分たちで一定の指針を持つことが重要です。そのためにどうすれば良いかといえば、あまり買う気がなくても、気になる物件や会社があればどんどん訪問することです。そしてそのときに色々と質問をぶつけてみて、返ってくる返答に会社の信頼性を感じ取ることができます。これを繰り返すことで、物件に対する目利きや一戸建てに対する知識が身についていきます。

住宅の取得方法は3種類

大阪府南河内地域に位置する大阪狭山市は、大阪市や堺市などのベッドタウンとして発展してきました。そのため、大阪狭山市に一戸建て住宅を構えようとする家族も少なくありません。一戸建て住宅を取得しようとするときには、大きく分けて3種類の方法があります。1つ目は土地を購入してから工務店やハウスメーカーに依頼して住宅を建てる注文住宅です。2つ目は建築条件付き宅地を購入して、その会社で住宅を建ててもらう建築条件付き住宅です。3つ目は間取りやデザインの決まった住宅を購入する建売住宅です。それぞれの住宅には、間取りの自由性や資金面計画などでメリットやデメリットが存在するため、それぞれの住宅の特徴を良く理解する必要があります。注文住宅や建築条件付き住宅は土地からの購入が必要なのに対し、建売住宅は土地から建物までが既に決まっています。

広告募集中